家族葬相談センター NPO 家族葬の会についてサイトマップお問合せ

家族葬
ご相談・お問い合わせ:0120-77-5402
サービス提供地域
東京都(23区・三多摩)
神奈川県東部・埼玉県南部
千葉県北西部
愛知県南部・三重県四日市市
京都府南部・大阪府
兵庫県南東部
石川県金沢市周辺

メールはこちら

NPO 家族葬の会 TOP>>葬儀用語集目次>た〜と

葬儀用語集・た〜と

私たち葬儀業界にいる者にとっては当然であっても、普通の人にはわかりにくいのがお葬式用語です。ここでは、簡単すぎるかもしれない用語からできるだけわかりやすく実用的に解説いたします。

た〜と
 荼毘(だび)  仏教用語で火葬のこと。火葬することを「荼毘に付す」といいます。
 檀寺(だんでら)  江戸幕府が採用した檀寺制度とは、檀寺が檀家の人々の旅行や移住の際に必要な証文を出したり(寺請制度)、宗旨人別帳(戸籍)を作成したりした。
 この制度は、このように幕府が寺を民衆支配の制度に組み入れる同時に、寺に対しては檀家の葬儀を行う権限を保証した。この寺を檀寺といい、檀寺によって管理される人を檀家といいました。
 こうして、仏式の葬儀・法要が定着するようになりましたが、とくに日本の農村部においては家制度が長く続き、檀寺に墓墓があることもあって、いまだに檀寺制度が続いています。しかし、都市への人口の流出が続いたこともあり、檀家人口が減り、檀寺も少なくなってきています。
 現在では、昔から続く檀寺ではなくても、たんにお墓のある寺や付き合いのある寺を檀寺と呼ぶこともしばしばです。
 通夜  葬儀・告別式の前夜、僧侶による読経と会葬者の焼香が行われます。通常の葬儀では一般の会葬者は通夜に参列することが多く、時によってはごった返します。
 本来は、近親者が遺体に付き添ってすごします。昔は一晩中線香を絶やさず過ごしましたが、今では自宅での葬儀など以外は一晩中線香をつけることはできません。(葬儀にまつわる他のことと同様、通夜のいわれもはっきりしていません。一説には、死亡を確認するためだったといわれています。火葬が死亡確認から24時間は行えないことと同じです。)
 線香の火は無くても、故人とのつながりにひとつの区切りをつけるときですから、ゆっくりとお別れをする貴重な時間です。
 通夜振る舞い  お清め(通夜料理)のことです。
 共箸(ともばし)  収骨に際して2人で1つの骨を箸先で摘まんで骨壷に入れること。
 一人づつはさむと死者に引っ張られるかも知れないと恐れて、二人で骨をはさむという迷信です。(なんとなく友引に似ています。)
 由来は定かでないのですが、土葬が行われていたときには無かったのですから、少なくとも明治以上に遡る習慣では無いでしょう。
 友引  一般的には、火葬を行わ(え)ない日です。
@六曜(先勝・共引・先負・仏滅・大安・赤口の6種)の一つ。
友引とはもともとは賭け事において勝ち負けの無いこと(共に引く)をいいました。現在では「弔事に友を引き込む」というような意味に使われていますが、本来の友引にはこのような意味は無く、迷信に過ぎません。
A葬儀では、他に休業日が無いことなどから、友引の日に休業する火葬場が多く、この日に葬儀(火葬)を行わないのが一般的です。しかし、友引に営業する火葬場も増えています。僧侶の中にもこの日の葬儀を拒否する人もいますが、もともと仏教と六曜には関係がありませんから、たいていは大丈夫です。




無料葬儀相談室
家族葬 のお役立ち情報

家族葬 気になるあれこれ

家族葬の会コラム

家族葬について


365日24時間 フリーダイヤル 0120-77-5402  E-mail:mail@npo-kazokusou.net
特定非営利活動(NPO)法人「NPO 家族葬の会」
Copyright(C)2003-2008. NPO 家族葬の会 All Rights Reserved.