分かりやすく良心的な料金体系で安心です
皆様から感謝のお手紙を頂いております
安かろう悪かろうの葬儀は絶対に行いません!
HOME > Q&A

Q&A

以前、葬儀社に依頼した際に、当初の価格より高くお金を請求されて、失敗しました。
葬儀社選びは、どのようにしたらいいでしょうか?

葬儀社選びはなかなか難しい問題です。よく言われているのは、「①病院に入っている葬儀社はやめなさい。②相見積もりをとりなさい」と言うようなことです。それぞれに、根拠のあることです。
(1)①の「病院に入っている葬儀社」は、そのために多額の費用を負担していますから、それが上乗せされていると考えるのが常識的です。逆に言えば、前もって葬儀社を探しておかなかった人のためのサービス料が上乗せされているとも言えます。
(2)②の「相見積もりをとる」というのは、いくつかの点で意味があります。ひとつはゲキヤス葬儀社の中には、それだけでは必ず赤字が出てしまうような料金を提示しているところがあります。この手の葬儀社は、「頼むつもりがないなら見積もりをしない」とか、「見積額と請求額が大きく違っている」と言うようなことになりかねません。相見積もりをとるという方法は、有効な手段です。ただし、細かく細部にわたっての見積もりが必要です。「一式価格での見積もり」では本当の比較にはなりません。1例を取ると、「ご遺体の搬送費」、や「ドライアイス料金」は一式価格では1回分を想定していますし「保管料金」は含まれませんが、実際には追加が必要になることがほとんどで、そこを含んだ見積もり比較をしないと意味がないことになってしまいます。もし面倒でなければ、先ず当会の見積もりを取ってください。それを元に他の葬儀社の見積もりを取って検討してください。当会が一番安いとか一番言いとかは申しませんが、ひとつの基準としてお考えいただければよいと思います。

『葬儀一式○○万円』や『式場利用料無料』などは信じていいものでしょうか?

(3)「一式料金」には、費用の明細がないため、相見積もりをとるいみがありません。また、追加で必要な部分が含まれませんから、見積もり比較としてもあまり信じることは出来ません。
(4)「式場費無料」と言う宣伝はよく耳にしますが、それを鵜呑みにしてはなりません。式場の建設には巨費が投じられていますし、維持管理の費用もけっして安くはありません。見積もりや請求に式場費の項目がなくても、どこかにその費用が含まれていると考えるべきです。「式場費無料」と言う宣伝文句は、一種の目くらましです。

なぜNPOなのですか?

非営利+無借金健全経営→適正料金
「お葬式をするのになぜNPOなの?」というご質問をいただくことがあります。家族葬の会をNPOにしたわけは、大ざっぱに言えば下のとおりです。
1、そもそもの経営動機に営利性が低いこと。私たちは利用者として持っている葬儀に対する疑問から出発しました。
2、NPOの制度そのものが新しく、当会もフレッシュな組織であること。当然借金ゼロ経営です。
3、NPOは活動領域が厳しく制限されているため、会社のようにいろいろなことに手を出すことができません。逆に言えば本業以外で赤字を出すことはありません。
このように経営の健全性を保つことこそが、正常な葬儀料金を実現するために必須の要件だと考えたからです。多額の借金を抱え、過去の損失を今の料金に上乗せする形で、葬儀料金が高くなってしまうことを避けるために、私たちは「会社」ではなく「NPO」組織を選択しました。

「おくりびと」の映画を見ましたが、そもそも「おくりびと」は本当に必要なのでしょうか?

「おくりびと」とは、何をする人を言うでしょうか?映画の中では葬儀屋なのですが、納棺支度をする場面が強調されていて、どちらを言うのかよくわかりません。もし、葬儀屋を言うのでしたら必要です。もし、納棺師を言うのでしたら必要ありません。納棺師は、遺体をお風呂に入れたり洗浄綿で清めたりしてからお化粧をします。(全ての納棺師が同じことをするとは限りませんが。)昭和の中ごろまでは人は家で亡くなりました。入院治療も多くの場合行われず、病人は不潔な状態で死んでいくことがほとんどでした。そこで、死後体を清め、慰めとしたのです。納棺師は、その意味で必要な仕事をしていたと言えます。今では不潔な遺体というのは、めったになく、納棺師の仕事は必要ないといえます。また、最近では多くの遺族が、故人の自然な姿を望みます。死に化粧師がこってりと化粧をしたお顔は、舞台から抜け出てきたようで、普通の人には馴染めないのではないでしょうか。

お葬式を依頼するのは初めてなんですが、何からはじめたらいいか分かりません。

「お葬式を依頼する」ことを前提とするのなら、葬儀社の選定です。病院で死亡した場合には、病院指定の葬儀業者が病室から霊安室に運び入れた段階で営業を始めます。病院は、それを助けるように2~3時間の内には遺体を運び出すように求めます。遺族は落ち着いて考える時間もなく、そこの葬儀社の言うままに契約をしてしまいます。その結果、後で後悔してしまうことになります。あせることはありません。とりあえず自宅までの搬送を頼む(そのことは念を押す)こともできます。そこの業者に頼みたくなければ、当会もとりあえずの搬送と保管をお受けします。それから、少し時間を掛けて葬儀社を選ぶことが出来ます。

そんなに安くても、立派なお葬式を上げれますか?

NPO家族葬の会は、まず立派なお葬式を前提にしています。その上で、不必要な物を省き、単価を抑えて価格を決めています。粗末で哀れなお葬式にはなりません。たとえば、棺はRインローと言って、通常の葬儀社さんではオプションで10万円以上は取られますが、当会ではご遺体の尊厳を考えて採用しています。

互助会に入会していても、NPO家族葬の会に依頼はできますか?

もちろん問題はありません。互助会の料金ではどう転んでも当会より安くはなりません。ずばり解約することをお勧めします。解約すると掛け金の全額ではなく、6割程度しか返却されません。それでも、たいていの場合、当会のほうがずっと安くできると思います。先ず私どもで見積もりを取ってください。丁寧な説明つきの見積もりをお出ししますから、それを元に互助会さんから見積もりを取ってください。そうすれば、理解しやすいと思います。


お問い合わせ

東京都(23区・三多摩)神奈川県東部埼玉県南部・千葉県北西部・愛知県南部・三重県四日市市・京都府南部・大阪府・兵庫県南東部・石川県金沢市周辺

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ