通夜葬とワンデーセレモニー


○通夜葬

考え方
1、通夜葬という言葉はいわゆる「お通夜」の意味で使われることがあるようです。もちろんこの場合は、「通夜・告別式」の「通夜」の部分を指します。
2、しかし、ここで私たちが言う『通夜葬』(以下『通夜葬』といいます。)は少し意味が違います。『通夜葬』はそれだけでお葬式なのです。『通夜葬』では、(多くの場合、簡単な祭壇と枕机を設置して、お線香を上げ)一晩家族が遺体に付き添い、翌朝出棺し火葬します。
3、別の言い方をすれば、「通夜・告別式」という普通のお葬式と直葬(火葬コース)の間にあるお葬式のバリエーションで、「お通夜をお葬式の中心」とします。
4、これは、「2日間の通夜・葬儀を行う必用もないが、ただ火葬をするだけではお別れとしては物足りない」という方のために当会がご提案してきました。実際多くの方がこの『通夜葬』を行われました。

具体的には
1、故人を、自宅か「一晩遺体に付き添う」ことができる場所(たとえば貸し式場)へ安置
 (マンションでもアパートでも大丈夫です。もちろん地域の集会所などでも問題ありません。)
2、火葬前日に通夜
 家族、親族や親しかった友人などで通夜を行います。この場合、通夜は本来の通夜で、家族は遺体の近くで食事をしたり、思い出話をするなどして、一晩遺体に付き添います。もちろんお休みになるのもご自由です。
 簡単な祭壇を設け、お線香のしたくをすることもできますし、また僧侶を呼んで読経をしていただくこともできます。とにかく、遺族の方がこうしたいと考えるやり方でお通夜をしていただくことができます。
3、翌朝棺に花や思い出の品などを入れ、出棺の支度をし、火葬に向かいます。

○ワンデーセレモニー(1日葬儀)

考え方
1、ワンデーセレモニーとは読んで字のごとく、1日で葬儀のすべてを行うものです。つやを省略し、葬儀だけを行います。
2、ワンデーセレモニーは、通夜葬と同様に簡略化された葬儀ですが、通夜を自宅で近親者だけで行い、別の場所で、一般の人を受け入れてワンデーセレモニーを行うという形にすることもあります。

具体的には
1、葬儀当日まで個人を安置し、当日になってから、式場へ向かいます。(ただし、貸し式場には、2日間でしか式場を貸さないというところもあり、その場合には前日に遺体を搬入することもあります。)
2、式場では、普通のお葬式の2日目の葬儀部分だけを行い、出棺します。

○通夜葬・ワンデーセレモニーの費用・実例

1. 通夜葬にかかる費用は、下の表のとおりです。
2. 最小限度のことは必須費用で出来ます。
3. さらにこれより簡素にということであれば、ご相談ください。出来るだけの努力をさせていただきます。お気軽にお問合せください。   

項目 品目 料金
必須品目 棺一式 47,250円
ドライアイス 1回10,500円
骨壷一式 10,500円
企画・運営 73,500円
ご遺体運搬費(1〜2回) 1回につき 26,250円〜
火葬料 公営0円〜1万円
民営5万円程度
火葬中待合室使用料 公営0円
民営1人410円〜一室2万円程度
ケースによって
必須
ご遺体保管料 公営3,150円〜
民営8,400円〜10,500円程度
オプション  枕飾り 10,500円 
遺影一式(白黒・カラーとも) 26,250円
 仏具一式 21,000円 
納棺花 10,500円〜
簡易花祭壇 63,000円〜
棺上花 10,500円〜
後飾り一式 14,700円
読経(釜前で) 5万円〜(相談)
戒名 10万円〜(相談)