家族葬について

2014年10月 1日 水曜日

友引は休業日

友引とは、六曜という暦の1つです。「先勝→友引→先負→仏滅→大安→赤口」と繰り返すこの暦の意味は、かならずしも明確ではないようですが、これらの6種類の言葉はそれぞれに日の吉凶を占ったようです。例えば、「先勝は先んずれば勝つ」、「大安は何事も吉」の日である」というような意味があります。しかし、「先勝」や「先負」、「友引」などは勝負事に関する者のようで、勝負事をしない人はこれをどう解釈すればいいのでしょうか。お葬式に関して言えば、「友引」がよく使われる言葉ですが、これはもともと「共引」と書いて、勝負事における引き分けの意味だったようです。ところがいつの間にか意味が変わって、この日に葬儀をすると「あの世に一緒に連れて行かれてしまう」という意味になってしまったようです。そこでこれを利用して火、葬場の休業日にしてしまっているというわけです。もちろん、仏教徒を含め既存の宗教とはなんの関係もないことですから、公営の火葬場では「友引」を理由にした休業は減りつつあります。

お問い合わせ

東京都(23区・三多摩)神奈川県東部埼玉県南部・千葉県北西部・愛知県南部・三重県四日市市・京都府南部・大阪府・兵庫県南東部・石川県金沢市周辺

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ