家族葬について

2014年8月 4日 月曜日

戒名料

かつては、ご住職も「戒名料」という言葉を普通に使っていましたが、10年余前に「お布施」というものは一体のものなので、「読経料」とか「戒名料」という言葉を使うことが各派の教団から指示されたようです。しかし、実際には戒名は「信士」と「居士」では料金が違うように、戒名料は存在します。例えば、お寺さんにお伺いを立てると、「信士」が10万円で「居士」は30万円等と言われます。お寺さんはその差を本部への上納金の差だというような説明がされるのが普通です。当会でも、戒名がない場合と戒名がある場合ではご紹介の金額が違うのが普通です。

お問い合わせ

東京都(23区・三多摩)神奈川県東部埼玉県南部・千葉県北西部・愛知県南部・三重県四日市市・京都府南部・大阪府・兵庫県南東部・石川県金沢市周辺

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ