分かりやすく良心的な料金体系で安心です
皆様から感謝のお手紙を頂いております
安かろう悪かろうの葬儀は絶対に行いません!

コラム

2012年1月23日 月曜日

人は死ねば仏になる? by NPO家族葬の会

人は死ねばみな仏になる。人は死んだらすぐに成仏する。多くの日本人はそのような言葉をなんとなく信じています。テレビドラマで刑事が死者のことを仏さんと呼ぶ場面があります。その言葉です。私が思うに多分これは、浄土真宗の考えなのではないかと思います。
この考え方の底には、とことん罪を追求することはしない日本人的な気質があるように思います。テレビドラマでは刑事が執念を燃やして事件を解決しようとしますが、実際の日本人の生活では法律的な考えは金銭がらみでなければ、罪をとことん追求しようとはしません。誤れば許してしまうのが日本人的な気質です。たとえそれがどんなに重大な問題でも。原発事故を起こした東京電力でもオリンパスの経営上の問題でも、日本人は誤れば許してしまいます。たとえば企業経営者はそのことを知っていて記者会見場で頭を下げて見せます。浄土真宗は、仏教が日本人的な気質や風土をうまく取り込んだのではないかと思います。葬儀式場にいて、この人がどんなことをしてきたかを知らないまま、あるいは知っていても、地獄に行けとは思いません。冥福を祈って、手を合わせます。

お問い合わせ

東京都(23区・三多摩)神奈川県東部埼玉県南部・千葉県北西部・愛知県南部・三重県四日市市・京都府南部・大阪府・兵庫県南東部・石川県金沢市周辺

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ