分かりやすく良心的な料金体系で安心です
皆様から感謝のお手紙を頂いております
安かろう悪かろうの葬儀は絶対に行いません!

コラム

2012年1月20日 金曜日

立会いの変化  by NPO家族葬の会

 昨日(1月19日)の大相撲バルト-稀勢の里戦でのバルトの立会いの変化について、相撲会場では「国に帰れ!」などという非難が渦巻いたそうです。たしかに大関同士の好取組ですから、正面から当たっての力相撲を見たかったのにという気持ちはよく分かりました。私もそんな気持ちを持ったのは確かでした。
 しかし、テレビの画面でその瞬間を見たときには、バルトは落ち着いたの表情に見えましたし、多分稀勢の里の強引なぶつかりをよく見て余裕を持って、変化したと思いました。昨日一番では、バルトに対して部が悪かった稀勢の里が猛進したのに対して、バルトはそれを余裕を持ってかわしたのだと思います。
 頭を下げて、相手も見ずにぶつかっていくのはかわされる覚悟がなくてはしてはいけないことですし、実際格下の相手にそんな相撲はとりません。続く白鵬-日春富士戦での白鵬の闘い方もおなじです。格下の相手に立会いで頭を下げてぶつかって行って簡単に買わされてしまいました。これもやはり苦手意識のなせるわざでしょう

お問い合わせ

東京都(23区・三多摩)神奈川県東部埼玉県南部・千葉県北西部・愛知県南部・三重県四日市市・京都府南部・大阪府・兵庫県南東部・石川県金沢市周辺

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ