分かりやすく良心的な料金体系で安心です
皆様から感謝のお手紙を頂いております
安かろう悪かろうの葬儀は絶対に行いません!

コラム

2011年8月24日 水曜日

夢と現実(1)

私は夢を持つことに反対しているのでは決してありません。そしてイチローや松井選手が夢を持ち続けることの大切さを子供達に伝えることの大切さも理解しているつもりです。しかし、人間夢をあきらめることも大切です。「夢をあきらめるな」と言うのが最近の流行語のようですが、ただの野球馬鹿になることを奨励しているようで、やり切れません。野球馬鹿が賞賛されるのは、何らかの意味で彼が成功した場合だけです。たとえプロ野球選手として成功して40歳まで現役を続けたとしても、その後の現実はどうなっているのでしょうか。指導者になれるのはの一部ですから、ためたお金で生涯をすごすのでしょうか。野球人生に比べて引退後の人生はずっと長いのです。
夢を持ち続けろ、夢をあきらめるなと言う言葉を馬鹿正直に受け止めすぎていると言う言葉が聞こえてきそうですが、それならば誤解を受けないようにもっと適切な言葉を伝えるべきではないでしょうか。
何しろ日本人は、世界を相手にして戦争に勝てると言う言葉を信じ込んで、陸軍の後押しに狂奔した前科があるのですから。

お問い合わせ

東京都(23区・三多摩)神奈川県東部埼玉県南部・千葉県北西部・愛知県南部・三重県四日市市・京都府南部・大阪府・兵庫県南東部・石川県金沢市周辺

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ